万華化学の研究開発体制

グローバル研究開発センター

万華化学は現在、中国の煙台、北京、寧波とハンガリーのカジンツバルツィカに主な研究機関を有しています。今後数年間で、中国の上海、珠海、成都とアメリカに研究開発機関や技術サービスセンターなどを建設する予定です。

研究開発への投資

万華化学では毎年の売上の3.5%~5%を研究開発に投資しています。2013年の研究開発費の支出は5億7,6000億人民元、2012年の研究開発費の支出が4億8,300億人民元、2011年の研究開発費の支出については7億6,800億人民元でした。

環境保護技術の研究開発

万華化学は、技術の革新と応用に取り組んでおり、大学や科学研究機関と協力して汚染処理の新しい技術とプロセスを積極的に開発し、生産過程で排出される汚染物の削減を続けるとともに、環境保護に関する科学技術において数々の実績を有しています。

ブライン廃液の再利用技術

自社開発したブライン廃液の再利用技術により、ブライン廃液を再利用するとともに、MDI生産能力の拡大における課題を解決します。

塩化水素の処理技術

10万トン/年の塩化水素酸化設備を建設。この技術の電力消費量は、イオン交換膜法のわずか8.5%。クロールアルカリで塩素を生産することで年間2億4,000万KWhの電力消費と標準炭換算で8万5,000トンの石炭を節約し、有機廃棄物を含む廃水の間接的な排出を410万トン削減しました。

湿式触媒酸化技術

湿式触媒による高濃度廃水の処理施設を開発?設置しました。廃水処理における課題を有効に解決し、廃水の処理コストも大幅に下がりました。

第5世代ホスゲン化技術

万華化学の自社開発技術。第4世代技術より蒸気エネルギーの消費量を約28%削減し、1年当たり4~5万トンの蒸気を節約、MDI製造に於けるエネルギー消費量を大幅に削減しました。

XML 地图 | Sitemap 地图